情報小屋

かぼちゃパウダーについて 〜使い方・売ってる場所・ダマを防ぐコツなど〜

パンプキンスープ

かぼちゃパウダー(パンプキンパウダー)は名前の通り、かぼちゃを粉末にした物で最近良く名前を聞くようになった野菜パウダーの一種です。似たような物にかぼちゃフレークがありますが、それと同じようにかぼちゃを粉末にした物なのでとても鮮やかな黄色をしています。スーパーで買ってきた生のかぼちゃでスープを作ろうとすると、まず最初に硬いかぼちゃを包丁で切らなくてはいけないので大変ですよね。

それが終わっても今度は、蒸したり煮たりしなくてはいけません。そしてさらに裏ごしにかけたり、ミキサーにかけたりする必要があります。

そんな手間のかかることの多いかぼちゃの料理ですが、かぼちゃパウダーならそのような下処理はしなくてすみ手間が省けるのでとても便利です。

もうすでに購入して使っている方やこれから買って使ってみたい方がいると思いますが、いろいろ悩みや疑問などがあると思います。

今回は、このかぼちゃパウダーについて調べてみました。

売ってる場所

かぼちゃパウダーが欲しいと思っても、なかなか近所のスーパーなどでは手に入れることは難しいと思います。

このような場合どこで買えばよいのか調べてみたのですが、デパート・百貨店の製菓材料売り場や製菓材料専門店などで買うことが出来るようです。

だだ、このようなお店が近くに無い地域の方には、ネットの通販ショップでの購入が便利でおすすめです。

通販だと気になるのが送料ですが、お店によってはメール便が可能な場合もあるので、そのようなお店で購入すると良いと思います。

使い方

かぼちゃパウダーを料理やお菓子に加えて作ると、普段良く食べているような物でも鮮やかな黄色になると気分が変わってとても美味しそうに感じて食欲も沸きますよね。

せっかく購入したけれど何に使ってよいのかわからない人もいると思います。そこで購入した人たちは、かぼちゃパウダーをどのような料理やお菓子に利用しているのか調べてみました。

  • クッキー
  • シフォンケーキ
  • スープ
  • パンケーキ
  • スコーン
  • マフィン
  • 蒸しパン
  • パウンドケーキ
  • 白玉団子
  • パン
  • 饅頭
  • ニョッキ
  • チーズケーキ
  • ベーグル
  • ロールケーキ

などのような物に利用しているようです。作る時の参考にしてみてください。

離乳食として使う

赤ちゃんの離乳食は少量で良いのに、そのためにかぼちゃを煮たりするのはとても面倒ですよね。

でも、かぼちゃパウダーなら必要な量だけ取り出して手早く作ることが出来るのでとても便利です。

卵アレルギーの人の食事に使う

家族の中に卵アレルギーの人がいる場合、卵を使わずに料理やデザートを作るため色がとてもさびしい感じになることがあると思います。

そのような時は、卵の代わりにかぼちゃパウダーを入れると、まるで卵を使ったかのような美味しそうな色になります。

ダマを防ぐコツ

粉末と液体を合わせて溶かそうとするとダマになってしまうことって良くあると思います。この、かぼちゃパウダーも同じようにダマになってしまい困っている方もいるようです。

スープなどを作る場合、いきなり全部加えて混ぜ合わすのではなく、水や牛乳などの冷たい液体を少量だけかぼちゃパウダーに加え、泡立て器でしっかりと混ぜあわせます。

よく混ざったら残りの液体を少しずつ加え、泡立て器で混ぜながら伸ばしていきます。そして鍋に移して火にかけます。このようなやり方で作るとダマが出来にくくなるそうです。

スポンサーリンク
関連ページ
おすすめページ
利用上の注意

このサイトの情報は必ずしも正しいとは限りません。利用する場合は自己責任でお願いします。