情報小屋

醤油について 〜使い分け方・消費方法・人気ランキングなど〜

醤油

日本を代表する伝統的な調味料と言えば醤油がありますよね。昔からさまざまな日本料理に利用されてきました。しかし、最近は食事も多様化して醤油を使わない料理を食べることが多くなり、醤油の消費量が減ってきていると言われています。このようなすばらしい調味料が使われなくなってしまうのは寂しいですよね。これからも大切に使い続けていきたいです。

普段、この醤油を当たり前のように毎日使っていても意外に知らなかったり、悩んだりする時があると思います。そこで、醤油についての疑問についていろいろ調べてみました。

醤油の消費方法

一人暮らしをしている方や、たくさん醤油をもらった方などで醤油の賞味期限が迫ってきたけど使い切れないと言う方もいるかもしれません。

そのような場合どのような使い方をすれば早く消費することが出来るのか調べてみました。

  • 魚の煮付け
  • まぐろの漬け
  • 豚の角煮
  • にんにくの醤油漬け
  • チャーシュー
  • すき焼き
  • めんつゆ
  • おでん
  • 佃煮
  • 骨付き鶏肉の煮物
  • 里芋の煮物
  • 煮卵

などのような使い方がありました。参考にしてみてください。

醤油の人気ランキング

楽天では、普段スーパーでは見かけないような地方の珍しい醤油や無農薬で作られた醤油、古式製法で作られた醤油など、いろいろな種類が販売されています。

こちらでは、楽天で今現在売れている醤油の人気ランキングを知ることが出来ます。購入する時の参考にしてみてください。

濃口醤油と薄口醤油の使い分け方

皆さんは、濃口醤油と薄口醤油の使い分けってどのようにされていますか。料理好きでこだわりのある方だと、濃口醤油と薄口醤油以外に、たまり醤油や白醤油なども使っている人もいるかもしれません。

地域や家庭によっては、濃口醤油ばかり使って薄口醤油はまったく使わない所もあるかもしれません。どのように使い分ければ良いのでしょうか。

  • 濃口醤油は、味の濃厚な料理(筑前煮、魚の煮付け、照り焼き)など、醤油の味と香りを生かしたい時に使います。
  • 薄口醤油は、料理に色を付けたくないような料理(うどん、吸い物、煮浸し)など、だしの味や香りを生かしたい時に使いますが、濃口醤油に比べて塩分が多いです。

基本的には以上のような使い分けが出来ますが、料理によっては濃口醤油と薄口醤油の両方を混ぜ合わせて使ったり、筑前煮や魚の煮付けのような料理でも薄口醤油を使ったりする人もいます。自分の好みに合わせて使い分ければよいと思います。

スポンサーリンク
関連ページ
おすすめページ
利用上の注意

このサイトの情報は必ずしも正しいとは限りません。利用する場合は自己責任でお願いします。