情報小屋

里芋の煮物(煮っ転がし)のレシピ 〜カロリー・冷凍保存など〜

里芋の煮物(煮っ転がし)

和食の定番のお惣菜である里芋の煮物(煮っ転がし)のレシピをご紹介したいと思います。里芋の煮物と言うと、使っているのは野菜だけど味付けの甘味も強いので、カロリーは高いのか低いのかあまり良くわからない人も多いと思います。

調べてみたのですが、里芋自体はカロリーが低く、100g当たり約58kcalしかなくて芋類の中でも低い部類に入るそうです。そして里芋の煮物にした場合は1人分で約80kcalになるそうです(私のレシピが約80kcalと言うことではありません)。

思ったよりもカロリーが低くく安心して食べられます。ただ、里芋を料理する場合、どうしても皮をむくことが面倒だったり、手が痒くなったりするので、作りたくないと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そのため、里芋の煮物(煮っ転がし)と言うと、おばあちゃんの味と言う方もいるかもしれません。でも手間をかけた分だけ美味しくなると思って、まだ作ったことの無い方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

里芋の煮物(煮っ転がし)のレシピ

私の家で食べている里芋の煮物(煮っ転がし)の作り方を紹介します。材料にある柚子の皮は、別に無くてもかまいません。

材料(2人分)
  • 里芋・・・300g
  • 醤油・・・大さじ1と1/2
  • 砂糖・・・大さじ2と1/3
  • 水・・・230cc
  • だしの素・・・小さじ3/4
  • 酢・・・少々
  • 柚子の皮・・・適量
作り方
  1. 里芋の皮をむいて鍋に入れ、里芋が隠れるくらいの水(分量外)を入れて火にかける。
  2. 沸騰したら中火にし、2〜3分煮たら酢を加えて火を止め、かき混ぜてからザルに上げ、水洗いをしてぬめりをとる。
  3. 鍋に、里芋、分量の水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして蓋をしてしばらく煮る。
  4. 柔らかくなってきたら砂糖を加え、またしばらく煮る。
  5. 醤油、だしの素を加えて煮汁が少なくなってとろみがつくぐらいまで煮る。
  6. 器に盛り付けてゆずの皮のすりおろしか、千切りを散らす。
スポンサーリンク

冷凍保存はできる?

里芋の煮物をたくさん作りすぎてしまったり、残ってしまった時など、冷凍できると便利ですよね。

調べてみたのですが冷凍保存はできると言う意見が多かったのですが、中には解凍したときに食感が悪くなってしまうので、冷凍保存には向かないと言う意見もあり、どちらが正しいのかわかりませんでした。

これは多分、解凍後の里芋の食感が人によって好みが分かれるためだと思います。このような場合、それぞれの家庭で里芋の煮物を少量だけ冷凍して確認してみるしか方法は無いようです。

里芋の煮物と相性の良い食材

  • 人参
  • イカ
  • 牛肉
  • 豚肉
  • たこ
  • 椎茸
  • 蓮根
  • ひき肉
  • 昆布
  • 鶏肉
  • こんにゃく

以上のような食材と組み合わせて煮物を作っている方がいました。レシピはありませんが、参考にしてみて下さい。

(注)私のレシピに、これらの食材を加えても作り方が違うため、美味しく出来るとは限りませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク
関連ページ
おすすめページ
利用上の注意

このサイトの情報は必ずしも正しいとは限りません。利用する場合は自己責任でお願いします。