情報小屋

鮭とばについて 〜お取り寄せ・食べ方や硬い場合の対処法など〜

鮭

鮭とばは鮭冬葉とも書き、北海道や東北地方などで作られている鮭の干物のような食べ物で、お酒のおつまみやおやつとして食べられることが多く、食べてハマった人によると「噛めば噛むほど味が出てきて美味しい」そうです。

本来は塩だけをまぶして作るのですが、現在売られている鮭とばを調べると、塩だけを使って作られる物以外にも糖類やアミノ酸などが加えられ味を補っている物が多いようです。

名前だけは聞いたことがあるけれど、まだ一度も食べたことが無く、どのような物なのか、どのようにして食べるのか分からない人も多いと思います。そこで今回はこの鮭とばについていろいろ調べてみました。

お取り寄せ

まだ一度も食べたことが無いので一度本場の鮭とばを食べてみたいと言う方もいると思います。そのような方にお勧めなのがこちらのお店の鮭とばです。

皮は食べられる?

皮は食べない人が多いようですが、食べる人もいるようです。炙ったり油でカリカリになるまでじっくり揚げると歯ざわりも良くなって美味しいそうです。

食べ方

おつまみやおやつとして食べることが多い鮭とばですが、せっかくなので料理にも使ってみたいですよね。どのような料理に使うことが出来るのか調べてみました。

  • 酢の物
  • マリネ
  • マヨネーズ和え
  • 掻き揚げ
  • サラダ
  • 炊き込みご飯
  • スパゲッティー
  • チャーハン
  • 白胡麻・青じその混ぜご飯

以上のような料理に使っている人が多かったです。鮭とばを買ってみたけど塩辛くて食べられないと言う人もいるようですが、そのような時はこのような料理に使うと他の食材も加わって塩辛さも和らぎ、食べやすくなるので良いかもしれません。

硬い場合の対処法

鮭とばは、硬くて食べにくいと言われることが多いようです。特にお年寄りだと歯が弱くて食べられない人もいるのではないでしょうか。

このような場合どのようにすると食べやすくなるのか調べてみたのですが、鮭とばは、お酒に漬けて冷蔵庫に一晩おいておくと良いそうです。

お酒がもったいないのでたくさん使いたくない場合は、鮭とばをビニール袋などに入れて空気を抜くようにして浸しておくと少量のお酒ですみます。

だんだん時間が経つとふやけてくるので、それを焼き網にのせて炙るとやわらかくなって美味しく食べられるようになるそうです。硬くて困っていた方はぜひお試しください。

スポンサーリンク
おすすめページ
利用上の注意

このサイトの情報は必ずしも正しいとは限りません。利用する場合は自己責任でお願いします。